過去のお知らせ【2018年】

 

※このイベントは終了しました 

 

 

【共楽館シネマ】を今年も開催します!


 映画館時代の共楽館にタイムスリップ!

 

共楽館で映画を楽しむ集い  

 

 劇場として誕生した共楽館が、戦後【映画館】としても活躍していた事をご存知でしょうか?その時代を知っている方も知らない方も、この日は時空を超えレトロな共楽館シネマをお楽しみください。


 

■日時

 2018年 4月14(土)・4月15(日) 

 開場 9:30~16:30 [ 時間内は何度でも会場へ出入りOK ]

 

 ■場所 

 日立武道館(旧共楽館) ※入場無料 

 

■上映スケジュール(14・15日 共通)

 午前の部 10:30~ 邦画「乞食大将」

 午後の部 14:00~ 洋画「シェーン」

 

※建物裏手の駐車場をご利用いただけます

 ※ 映画はDVDでの上映です

◆ 特別展示エリア ◆

【 銀幕の絵師 による 看板絵

 

■茨城~東京の名だたる映画館で看板絵師を務め、82才の今も作品を描き続けるつくば市の井桁豊さん。傑作の数々をお借りし、映画が娯楽の花形だった時代の空気を会場に運んでいただきます。 

他にも[風と共に去りぬ][カサブランカ][エデンの東][東京物語]など、名作映画の看板絵を展示。

▲看板の一部分を撮影した写真です

懐かしの映画ポスター

 

■日立市在住の映画ポスターコレクター・山田茂さんのコレクションの中から、美空ひばりや石原裕次郎など昭和の大スターのお宝ポスターを多数ご披露いただきます。 

▲どんなポスターが展示されるかは当日のお楽しみ

■ポスターをご提供いただく山田さんには、映画や蒐集への想いなども会場で語っていただく予定です。

 

 ※トークの時間帯は、午前の映画上映の直前に10~15分程度を予定しておりますが、当日の状況により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


◆上映作品 紹介

乞食大将  (1952年公開) ※制作:1945年

原作 :大佛次郎

監督 :松田定次

 

後藤又兵衛:市川右太衛門

黒田 長政:月形龍之介

宇都宮鎮房:羅門光三郎

鶴姫   :中村芳子 

[モノクロ・62分]

様々な武勲が伝えられる豪傑「槍の又兵衛」こと黒田家(元)家臣・後藤基次又兵衛の生き様を描く作品。

■あらすじ

藩主・黒田長政から卑劣な手段で敵を討つ事を命じられた又兵衛は、やむなく任務を果たすも自ら藩を出奔する。

役目につけずひもじい思いをしながらも決して腐らず、彼を慕う大勢の家臣らと豪快に笑いながら諸国を渡る日々。そして年月が過ぎ、豊臣方に乞われ又兵衛が向かうは大阪の陣……

 


シェーン  (1953年公開)

監督 :ジョージ・スティーヴンス

 

シェーン :アラン・ラッド

マリアン :ジーン・アーサー

ジョン  :ヴァン・ヘフリン 

 

[カラー・118分]

「シェーン!カムバーック!」少年の叫び声が遥かなる山にこだまする。流れ者のガンマン・シェーンと、開拓一家の交流を情感たっぷりに描く西部劇の名作。アカデミー賞受賞作品。

 


MAP

 


◆映画の他のお楽しみ♪

 

お楽しみポイント その1


ノスタルジックな映画と会場の雰囲気を楽しみつつ、天気が良ければぜひ周辺の散策もお楽しみください。例年であればまだ見ごろのはずの桜は終わりましたが……↓

■共楽館真向いの剣道場「日鉱斯道館」の前庭の花は見頃かもしれません。花と一緒に、鉱滓から造られたカラミレンガの門柱にも注目して是非見学していってください(私有地につき敷地内には入れません)

 

■山の大島桜は、まだ開花の真っ只中(4/10現在)。大煙突周辺の山を彩る様子が、共楽館の2階から臨めることと思います。

宮田川沿[2017年4月13日 撮影] 斯道館裏
宮田川沿[2017年4月13日 撮影] 斯道館裏
日鉱斯道館 前庭[2017年4月25日 撮影]
日鉱斯道館 前庭[2017年4月25日 撮影]

お楽しみポイント その2


2017年から行われていた改修工事を終えた共楽館。長い間入ることのできなかった2階部分が公開され見学が可能になりました。リニューアルしたばかりの館内を見に行きましょう!

〔近隣の主な店舗〕

セブンイレブン (1.1km) 県道36号沿(山手工場向かい) 車で2~3分・徒歩 約10~15分

戸来商店 (210m)  手打ちうどん屋さん 共楽館から徒歩約2分 営業 11:30~14:30

 

最新情報は

共楽館を考える集い twitter でも

発信しております

( @kyorakukan_100 )