共楽館について

overview

共楽館とは…

  共楽館(現・日立武道館)は、今から約100年前に日立鉱山という企業の福利厚生施設として創建された劇場です。元々は従業員やその家族のための施設でしたが、社外にも広く開放され、地域の人々の文化体験や子供の学芸会の場としても利用されて多くの人々に親しまれていました。

 

 和洋折衷の外観や、劇場でありながら工場建築の手法が取り入れられた構造は、従業員である鉱山技師による設計です。内部には歌舞伎も上演できる本格的な舞台と客席を備えており、一流の芸能人による演劇・歌謡ショーなども度々催されました。共楽館はテレビがまだ普及していなかった時代に、都市の文化を日立に伝える役割を果たす存在でした。 

 昭和20年代から40年頃にかけては映画の専用館としても親しまれ、市価より安い料金で名画が楽しめたため多くの市民に利用されていました。

 

共楽館から日立武道館へ

  創建から50年経った頃、テレビの普及によって人々の足は劇場から遠のき、共楽館は娯楽施設としての役目を終える事となってしまいます。1967(昭和42)年に鉱山から日立市へ寄贈されると、共楽館は体育施設に生まれ変わり、日立武道館として第二の人生をスタートさせるのでした。

 武道場に改造する際に、舞台と客席が取り払われ劇場としての機能はすべて無くなりました。しかし改修・耐震工事を施してきたことで建物自体は健在で、建設から100年を経過した今も多くの市民に利用され続けています。  

共楽館 略歴

1905 (明治38 日立鉱山 開業
1914 (大正 3 大煙突建設完了(煙害の賠償金負担が減る

1916

(大正 5 福利厚生施設として劇場建設を開始
1917 (大正 6 共楽館 こけら落とし
   
1967 (昭和42 共楽館 閉館 日立市に寄贈される
  日立武道館として始動
   
1999 (平成11 国の登録有形文化財 指定
2009 (平成21 日立市の指定文化財 指定
   
2017 (平成29 共楽館 創建100周年を迎える
   
現在