認定NPO法人

共楽館を考える集い 

Home Page

共楽館(旧共楽館 現・日立武道館)
共楽館 (現・日立武道館)

1999年(平成11) 国の登録有形文化財 指定

2009年(平成21) 日立市の指定文化財 指定

 国道6号から、消防本部のある切木田交差点を曲がって山の方へ向かうとき、高速道路の入口近くで「赤い大きな屋根」を見かけたことがありませんか。現在「日立武道館」と呼ばれている和風のあの建物、それがかつて鉱山町の劇場だった【共楽館です。

 

 

共楽館とは…

  共楽館(現・日立武道館)は、今から100年前に日立鉱山という企業によって創建されました。元々は鉱山の従業員やその家族のための福利厚生施設として計画された劇場でしたが、社外にも広く開放されていたため、地域の人々の文化体験や子供の学芸会の場としても利用され親しまれていました。

 和洋折衷の外観、劇場でありながら工場建築の手法が取り入れられた構造は、鉱山技師による設計です。また歌舞伎もできる本格的な舞台と客席を備えており、プロによる演劇・歌謡ショーなども度々催されました。テレビがまだ普及していなかった時代に都市の文化をこの町に伝える役割を果たしていたのです。 

 

 

現在の共楽館(日立武道館)

  創建から50年経った頃、テレビの普及もあって人々の足が劇場から遠のき、共楽館はその役目を終える事となります。そして鉱山から日立市へ寄贈された共楽館は、1967(昭和42)年に体育施設として生まれ変わり第二の人生をスタートさせました。

 武道場にするため舞台と客席が取り払われて劇場としての機能は無くなりましたが、建物は改修・耐震工事を施しながらもなんとか健在、現在も柔剣道を中心に市民のスポーツの場として利用され続けています。 

 

 

 

これから……

 誕生から100年の間に、戦災・雨漏り・腐食・老朽化・火事など、幾度もの存続の危機にあいながら町の移り変わりを見てきた共楽館。この建物はこれからの未来に私たち市民とどうかかわっていってくれるでしょう。

 

共楽館を考える集い とは

  私ども「共楽館を考える集い」は、この歴史ある建物「共楽館」を愛する人達が集まり、その保存と復元を目的として25年前に結成された市民グループです。現在は認定NPO法人となり、様々な行事を企画して共楽館の魅力を広くアピーする活動を続けています。

 町の発展を支えてきた他の産業遺産なども活用し、未来に向けたまちづくりをめざすのが会の目標です。 

 少しでも多くの皆さんに共楽館や会の活動に興味をもっていただけるよう、このサイトではその魅力をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

 

認定NPO法人 共楽館を考える集い

  

 

[共楽館]についてもっと調べる

〈 Wikipedia-共楽館 〉

 

[日立武道館]の利用方法について調べる

〈 日立市役所HP内 〉

※このサイトの内容に関するご質問等は[認定NPO法人共楽館を考える集い]の事務局へおよせください。当会は[日立市]が運営する機関ではありませんので、市役所等へはお問い合わせされませんようお願い申し上げます 。