お知らせ [イベント・販売情報]

(2021/12/15 更新)

 ◆共楽館 創建105周年記念

【絵はがき発売のお知らせ

あかがねの道シリーズ ― 大正ロマンの共楽館界隈 ―


 

 このたび、共楽館の創建105周年を記念して、日立鉱山界隈の美しいスケッチ画をあしらった絵はがきを作成いたしました。

  絵はがきを眺めながら、ふるさと日立の歴史をたどり思い出を語るのはいかがでしょうか。今後、大雄院の大煙突~鉱山町界隈~御岩山への自然風景とシリーズ化していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 今回は、大正ロマン漂う共楽館界隈の風景入りの絵はがきを、5枚一組にして販売いたします。茨城県の伝統工芸品【西ノ内和紙】に印刷した[限定版]と、クラフト紙に印刷した[普及版]の2種類がございます。 

 

 他にも、過去に発行した写真家・本木誠一氏撮影の「共楽館モノクロポストカード(8枚組)も再販いたしますので、ぜひこの機会にお求めください。

 


絵はがき製作 :あかがねの道製作委員会

(販売協力:認定NPO法人 共楽館を考える集い)

左列  A. スケッチ画(限定版)西ノ内和紙]

中列  B. スケッチ画(普及版)クラフト紙]

右列  C. モノクロポストカード


 価格表


A.

スケッチ画(限定版)[西ノ内和紙 一枚漉き] 
5枚組 1000 円

B.

スケッチ画(普及版)[クラフト紙
5枚組 600 円

C.

 モノクロポストカード(本木誠一氏 撮影) 8枚組 400 円

    ※各セットとも、すべて異なる図柄が封入されています

(AとBの図柄構成は同じ)


 ◆数量限定販売◆です

 

無くなり次第 販売終了となります

 

 販売場所 (2021年12月15日 現在)

 

 共楽館を考える集い 事務所

茨城県日立市白銀町2-22-28(〒317-0056)

TEL: 0294‐21‐4884

開所日[水曜 10:30~14:30]

 

 ●日立駅 情報交流プラザ(ぷらっとひたち)

 [日立市観光物産協会HP]

※情報交流プラザでの販売は、

(A)の西ノ内和紙セットのみとなります

  


 

スケッチ画


画を描いて書いてくださったのは、「日立をスケッチする会」代表の岡村参次さんです。日立の景観をスケッチ画で残すことをライフワークとされています。

西ノ内和紙


常陸大宮市山方町・西ノ内地区に古くから伝わる【西ノ内和紙】は、江戸時代から水戸藩の御用紙として使用されていた茨城の伝統工芸品です。

徳川光圀が御岩神社・賀比禮(かびれ)神宮で筆始めの儀をした「大日本史」の編さんにも使用されました。


お問い合わせ先


 〒317-0056

茨城県日立市白銀町2-22-28  

認定NPO法人 共楽館を考える集い 事務所

開所日: 水曜日[10:30 ~ 14:30]

TEL: 0294‐21‐4884

FAX: 0294‐21‐4883

E-mail:  kyorakukan@net1.jway.ne.jp

(※メールの返信はお時間をいただく場合がございます)

 

※開所日でもやむをえず留守にしている場合がございますので、来所をご希望の際はあらかじめ電話でお問い合わせいただく事をおすすめいたします。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。